固定翼哨戒機P-1のエンジン不具合への対応について

平成25年9月27日
防衛省

1.

 本年5月13日、川崎重工業株式会社において製造中の固定翼哨戒機P-1の5号機について、社内飛行試験の際、通常の運用では想定されない、高高度における高速度での急激な機動を行ったところ、エンジン4発が停止するという事象が発生しました。

2.

 原因究明の結果、同不具合は、P-1の量産化にあたりエンジンの燃料噴射弁の肉厚を増加したことが原因となって、急激な機動を行なった際、エンジンの燃焼が一時的に不安定となったために発生したことが判明しました。

3.

 これを受け、防衛省は、このような急激な機動を行った場合においてもエンジンの燃焼が不安定になることがないよう、エンジン制御ソフトウェアを改修することとしました。

4.

 今後、川崎重工業株式会社で製造中の量産機2機(5号機及び6号機)及び既に厚木基地に配備されている量産機2機(3号機及び4号機)について、上の改修を実施する予定です。これらの機体は、地上運転試験などを経て、飛行を再開する予定です。

ページの先頭へ戻る