平成24年度における懲戒処分の状況について

平成25年8月28日
防衛省

1 概要

平成24年度中に懲戒処分を受けた隊員は、908人(前年度比24人増)で、その内訳は、自衛官が868人(前年度比35人増)、事務官等が40人(前年度比11人減)となっています。

2 「処分の種類」別処分数

処分数を種類別にみると、免職126人(前年度比23人増)、降任2人(前年度比2人増)、停職418人(前年度比7人増)、減給239人(前年度比24人増)、戒告123人(前年度比32人減)となっています。

3 「処分の事由」別処分数

処分を事由別にみると、私的行為に係る懲戒処分のその他(私行上の非行・過失傷害致死)が209人(全体の約23%)と最も多く、次いで私有車両に伴う悪質な交通法規違反が191人(全体の約21%)、正当な理由のない欠勤116人(全体の約13%)の順となっています。

(※)上記統計表は、平成25年9月4日に訂正版が公表されました。
平成24年度における懲戒処分の訂正について(平成25年9月4日)


PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Reader は、Adobeのサイト(別ウィンドウ)からダウンロードしてください。

別ウィンドウで Adobe Reader のダウンロードページへ


ページの先頭へ戻る