島根県における大雨に係る災害派遣について(12時00分現在)

平成25年7月31日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※下線部は、前回報告からの変更箇所

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成25年7月28日(日)10時41分

(2)要請元

島根県知事

(3)要請先

陸上自衛隊第13偵察隊長(出雲)

(4)要請の概要

行方不明者捜索、住民の避難支援

(5)発生場所

島根県津和野町(つわのちょう)名賀(なよし)

2.災害派遣までの経緯

 7月28日(日)島根県津和野町名賀において、大雨に伴い孤立地域が発生。同日10時41分、島根県知事から陸上自衛隊第13偵察隊長に対して、当該地域の行方不明者捜索に係る災害派遣要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

陸自 第13偵察隊(出雲)、第304施設隊(出雲)、第13飛行隊(防府)

(2)派遣規模

人員 約40名(延べ約170名)
車両 約20両(延べ約80両)
航空機 延べ1機

(3)主な対応状況

【28日】
10時41分島根県知事から第13偵察隊長に対し、津和野町名賀地域の行方不明者捜索に係る災害派遣要請
13時00分第13偵察隊及び第304施設隊の初動対処部隊(人員30名、車両約10両)が、出雲駐屯地を出発し、現地進出。
【29日】
06時20分第13偵察隊及び第304施設隊(人員約30名、車両約10両)が、行方不明者捜索活動のため待機中の津和野中学校から津和野町名賀地域へ向け前進開始、現地到着以降、活動開始。
07時52分第13飛行隊のOH-1×1機が離陸。以降、津和野町名賀地域周辺の航空偵察を開始。(8時57分終了。)
15時23分第13偵察隊が津和野町白井地区にて5名を救助。
18時40分第304施設隊(人員約10名、車両約10両)が、住民の避難支援のため、出雲駐屯地から津和野町名賀地域へ向け前進開始。
19時00分29日の捜索活動終了。
【30日】
08時40分第13偵察隊の増援部隊(人員約20名、車両約5両)が、行方不明者捜索活動のため、出雲駐屯地から津和野町名賀地域へ向け前進開始、現地到着以降、活動開始。
09時46分第13偵察隊及び第304施設隊(人員約20名、車両約15両)が、県道13号沿いになごみの里~名賀トンネル方向に向け行方不明者捜索活動開始。
11時00分第304施設隊(人約20名、車両約10両)が、県道13号(名賀トンネル~なごみの里)における道路啓開のため、名賀トンネルに向け前進。到着以降、行方不明者捜索状況を踏まえ、道路啓開活動開始。
18時25分第304施設隊が、県道13号馬草峠(山口県と島根県の県境付近)~名賀トンネル南側付近の道路啓開、約3km完了(トンネル開通)。
19時40分30日の活動終了。
【31日】
08時05分第13偵察隊及び第304施設隊(人員約40名、車両約20両)が、県道13号名賀トンネル南側付近において行方不明者捜索活動開始。

ページの先頭へ戻る