南スーダンにおける自衛隊の活動とODAの連携案件について

平成25年2月1日
防衛省

1.概要

1月31日(現地時間同日)、国連南スーダンミッション(UNMISS)に派遣されている自衛隊施設部隊は、南スーダン共和国の首都ジュバのナバリ地区において、コミュニティのための道路の整備をUNMISSの活動として開始いたしました(同日現地において起工式を実施)

2.ODAとの連携

本活動は、南スーダンにおける、外務省が行う草の根・人間の安全保障無償資金協力との連携案件の第1号と位置づけられるものです。自衛隊は、草の根・人間の安全保障無償資金協力等によって調達された資材を使用し、UNMISSからの指図に基づきジュバ市ナバリ地区においてコミュニティのための生活道路1.7kmや排水のための側溝を整備します。

3.本活動の効果

本活動により、子どもの通学を含む地域住民の利便性の向上、経済社会活動の活性化を通じた地域の発展、雨水等の治水を通じた地域の衛生環境の改善が期待され、南スーダンの国づくりに資するものであります。

(参考1)UNMISSにおける自衛隊の活動
自衛隊の施設部隊(約330名)は、UNMISSの指図の下、ジュバ及びその周辺において、敷地造成や道路の補修等の作業を行うことにより、南スーダンの国づくり支援を実施中。

(参考2)草の根・人間の安全保障無償資金協力の贈与契約
昨年10月、我が方堀江良一駐スーダン大使と先方スバ・サミュエル・マナセ中央エクアトリア州インフラ大臣との間で,草の根・人間の安全保障無償資金協力「中央エクアトリア州ジュバ市ナバリ地区コミュニティ道路整備計画」(供与限度額84,347,730円)に関する贈与契約の署名を実施済み。


PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Reader は、Adobeのサイト(別ウィンドウ)からダウンロードしてください。

別ウィンドウで Adobe Reader のダウンロードページへ


ページの先頭へ戻る