三菱電機(株)等による過大請求事案の概要及び再発防止策の公表について

平成24年12月21日
防衛省

三菱電機(株)、住友重機械工業(株)及びその関係会社5社による過大請求事案について、これまでの特別調査の結果、本日、過払い額を算定するとともに、過大請求が行われた動機・背景等を分析し、制度調査の強化、違約金の見直し、指名停止要領の整備等の再発防止策を策定致しました。

また、当該7社から、主としてコンプライアンスの強化、社内教育の徹底、経営管理手法の見直し等を内容とする各社の再発防止策について報告を受けるとともに、今後、社内における再発防止を徹底し、二度と事案を起こさない旨、説明を受けました。

当省としては、このような過大請求事案が発生したことはきわめて遺憾であり、防衛調達に対する国民の信頼を回復する上でも、今回策定した施策を着実に実施し、同種事案の再発防止に努めて参ります。

なお、各社に対する指名停止措置については、今後、過払い額等の確定を受けて、各社から過払い金等が国庫に返納された後に解除する予定です。

ページの先頭へ戻る