北海道登別市における暴風雪に伴う救援物資輸送等に係る災害派遣について(19時00分現在)

平成24年11月28日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※下線部は、前回報告からの変更箇所

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成24年11月27日(火)16時20分

(2)要請元

北海道知事(胆振総合振興局長)

(3)要請先

陸上自衛隊第7師団長(東千歳)

(4)要請の概要

救援物資輸送、運営支援等

(5)発生場所

北海道登別市

2.災害派遣までの経緯

 11月27日(火)北海道登別市において、暴風雪により約2万1000世帯が停電した。復旧に3日程度要する見込みであり、自治体により避難所を設置するも、暖房機器等の不足のため、同日16時20分、北海道知事(胆振総合振興局長)から陸上自衛隊第7師団長に対して、救援物資輸送に係る災害派遣要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

陸自 第13施設隊(幌別)

(2)派遣規模

人員 10名(延べ約50名)
車両 延べ10両

(3)主な対応状況

【27日】
16時20分 北海道知事から第7師団長に対し、救援物資輸送に係る災害派遣要請。
18時00分 第13施設隊(人員約40名、車両10両)が登別市内各避難所に向け、物資輸送を開始。
19時42分 各避難所への物資輸送及び設置完了。
(以降、各避難所における運営支援等を実施)
【28日】
  各避難所における運営支援等を実施。

※明日の活動については、調整中

ページの先頭へ戻る