7月11日からの梅雨前線による大雨被害に係る災害派遣について(20時30分現在)

平成24年7月12日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。

1.災害派遣の概要

要請日時 要請元 要請先 要請の概要 発生場所
7月12日(木)
06時49分
熊本県知事 陸上自衛隊
第8師団長(北熊本)
水防活動、人命救助 熊本県
白川流域
7月12日(木)
07時50分
大分県知事 陸上自衛隊
西部方面特科隊長(湯布院)
孤立住民の救助 大分県
竹田市

2.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

○ 陸上自衛隊
第42普通科連隊(北熊本)、西部方面特科隊(湯布院)、西部方面航空隊(高遊原)、第4飛行隊(目達原)、第8飛行隊(高遊原)、第2施設群(飯塚)

(2)派遣規模

○ 人員  約230名

○ 航空機  15機

(3)各県における主な活動状況

熊本県
【12日】

  • ・ 熊本市水道町大甲橋付近における水防活動。
  • ・ 熊本市における孤立者の救助活動。
  • ・ 阿蘇市(内牧地区)における住民避難支援活動。
  • ・ 南阿蘇村(立野地区)における行方不明者の捜索活動。
  • ・ 航空機等による情報収集活動。

大分県
【12日】

  • ・ 竹田市(竹田地区)における孤立者の救助活動。
  • ・ 航空機等による情報収集活動。

 ※ 明日も引き続き活動を実施予定。

ページの先頭へ戻る