我が国主催PSI航空阻止訓練「Pacific Shield 12」への防衛省・自衛隊の参加について

平成24年6月13日
防衛省

 防衛省・自衛隊は標記訓練に以下のとおり参加します。なお、本訓練は外務省がとりまとめ官庁となり、関係省庁が参加するものであり、我が国主催は平成16年10月及び平成19年10月の海上阻止訓練に続き、3回目となります(航空阻止訓練の主催は初)。

1 目的

 PSI(大量破壊兵器、ミサイル及びそれらの関連物資の拡散を阻止するための国際的な取組)に関する航空阻止訓練に参加し、拡散阻止に係る活動要領を参加各国及び我が国関係機関と共に演練することで、互いの連携を強化し、自衛隊の技量向上及び関係国との間の相互理解を図る。

2 訓練の概要

日程 訓練項目等 自衛隊からの参加予定部隊等
7月3日(火) 事前ブリーフィング(札幌市内) 内部部局、統合幕僚監部
7月4日(水) ・ 実動阻止訓練
(空自千歳基地及び新千歳空港並びにこれらの周辺空域)
航空総隊、航空支援集団
(F-15戦闘機、U-4多用途支援機等)
・ 検査訓練
(新千歳空港)
北部方面隊、中央即応集団
(陸上自衛隊化学科部隊)
7月5日(木) 机上訓練(札幌市内) 内部部局、統合幕僚監部

3 検査訓練参加予定国

オーストラリア、韓国、シンガポール

ページの先頭へ戻る