奄美大島西方沖における消息不明貨物船の捜索に係る災害派遣について(18時30分現在)

平成24年4月7日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※下線部は、前回報告からの変更箇所

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成24年4月5日(木)13時35分

(2)要請元

第十管区海上保安本部長

(3)要請先

海上自衛隊第1航空群司令(鹿屋)

(4)要請の概要

消息不明貨物船の捜索

(5)発生場所

鹿児島県奄美大島西方沖

2.災害派遣までの経緯

 4月5日(木)02時30分頃、香港救助調整本部から海上保安庁に「パプアニューギニアから中国向けの香港籍貨物船と連絡が取れなくなっている。」旨の通報があり、同庁は捜索活動を開始。
 捜索の結果、海上に浮いている油を視認するも発見には至らず。捜索海域が拡大したため、5日(木)13時35分、第十管区海上保安本部長から海上自衛隊第1航空群司令に対して災害派遣要請があった。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

海自  第1航空群(鹿屋)

(2)派遣規模 

航空機  1機(延べ3機)

(3)主な対応状況

【5日】
13時35分 第十管区海上保安本部長から第1航空群司令(鹿屋)に対して、消息不明貨物船の捜索に係る災害派遣要請。
13時58分 第1航空群のP-3C×1機が鹿屋基地を離陸。以降、捜索活動を実施。
15時37分 第1航空群のP-3Cが救命ボートを視認し、海保へ通報。
20時12分 5日の活動終了。
【6日】
10時28分 第1航空群のP-3C×1機が鹿屋基地を離陸。以降、捜索活動を実施。
19時10分 本日の活動終了。
【7日】
10時21分 第1航空群のP-3C×1機が鹿屋基地を離陸。以降、捜索活動を実施。
17時52分 本日の活動終了。
※明日も引き続き活動を実施予定。

ページの先頭へ戻る