田中防衛大臣とパネッタ米国防長官の電話会談について

平成24年4月3日
防衛省

標記について、下記のとおり実施されましたのでお知らせします。

現在の北朝鮮情勢を受け、4月3日、田中防衛大臣とパネッタ米国防長官との電話会談が行われました。

会談では、冒頭、田中大臣から、3月30日に発令された弾道ミサイル等破壊措置命令を含め、北朝鮮による「人工衛星」と称するミサイル発射に係る我が国の対応等について説明しました。

また、田中大臣とパネッタ長官は、北朝鮮による発射の強行は国連安保理決議1874号をはじめとする累次の安保理決議に違反するものであり、国際社会が協調して、北朝鮮に対して自制を強く求めることが必要であること、及び日米が引き続き緊密に連携して対応していくことで一致しました。

ページの先頭へ戻る