広島県北部を震源とする地震に係る防衛省・自衛隊の対応について(最終報)

平成23年11月22日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。

1.経緯

 11月21日(月)19時16分頃、広島県北部で地震(マグニチュード5.4)が発生し、広島県三次市において震度5弱を観測した。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)活動部隊

陸自 第13飛行隊(防府)
海自 第31航空群(岩国)
空自 第8航空団(築城)、芦屋救難隊(芦屋)

(2)活動規模

航空機 4機

(3)主な対応状況

19時36分 空自第8航空団のF-2B×1機を任務転用。以降、情報収集活動を実施。
19時46分 陸自第13飛行隊のUH-1×1機が離陸。以降、情報収集活動を実施。
19時59分 空自芦屋救難隊のU-125A×1機が離陸。以降、情報収集活動を実施。
20時18分 海自第31航空群のOP-3C×1機が離陸。以降、情報収集活動を実施。
22時25分 航空機による情報収集活動を終了。被害は確認されなかった。

ページの先頭へ戻る