三重県における台風12号への対応に係る災害派遣について(21時00分現在)

平成23年9月4日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※下線部は、4日11時00分現在からの変更箇所

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成23年9月4日(日)04時00分

(2)要請元

三重県知事

(3)要請先

陸上自衛隊第33普通科連隊長(久居)

(4)要請の概要

人命の救助

(5)発生場所

三重県南牟婁(みなみむろ)郡紀宝町

2.災害派遣までの経緯

 9月4日(日)、三重県では台風第12号の影響を受け記録的な大雨となり、同日04時00分、三重県知事から第33普通科連隊長(久居)に対し、人命救助にかかる災害派遣要請がなされた。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

陸自 第33普通科連隊(久居)、第10施設大隊(春日井)、第10偵察隊(春日井)

(2)派遣規模 

人員 約220名
車両 15両

(3)主な対応状況

【4日】
04時00分 三重県知事から第33普通科連隊長に対して、孤立者の救助に係る災害派遣要請
04時05分 第33普通科連隊の連絡員(人員2名、車両1両)が、紀宝町役場に向け駐屯地を出発。
05時10分以降 第33普通科連隊(人員約160名、車両25両)、第10施設大隊(人員約30名、車両8両)及び第10偵察隊(人員約30名、車両8両)が、南牟婁郡紀宝町に向け駐屯地を出発。
11時00分 防衛省災害対策連絡室設置(室長:事態対処課長)
14時40分 南牟婁郡紀宝町において捜索活動を開始。
19時00分 本日の活動終了。
20時00分 防衛省災害対策室設置(室長:運用企画局長)

※明日も引き続き活動を実施予定。

ページの先頭へ戻る