海賊対処のために派遣されたP-3C哨戒機の活動状況について(平成23年7月)

平成23年8月8日
防衛省

1.任務実績(7月1日~7月31日)

・飛行回数 18回(累計 506回)

・飛行時間 約140時間(累計 約3920時間)

・確認した商船数 約1420隻(累計 約37800隻)

・護衛艦、諸外国の艦艇等及び民間商船への情報提供 約160回

(累計 約4610回)

2.情報提供等を行った事例

■7月22日、アデン湾航行中の商船が海賊から攻撃を受けたとの情報に基づき、護衛活動中の「さみだれ」が搭載ヘリを発艦、当該商船の安全を確認。近傍を捜索するも不審船舶は発見されず、監視飛行中のP-3Cに捜索を引き継いだ。その後、P-3Cが不審なスキフ(乗員5名、梯子1台、ポリタンク多数、船外機1機)を確認、近傍を航行中の米艦艇に通報。P-3Cは米艦艇に対応を引き継ぎ、警戒監視任務に復帰した。【写真】

【写真】

ページの先頭へ戻る