スーダン国際平和協力隊に派遣された自衛官の帰国について

平成23年7月22日
防衛省

国際平和協力法に基づき我が国から国連スーダン・ミッション(UNMIS)に派遣していたスーダン国際平和協力隊(第6次隊)2名のうち以下の1名は、UNMISのスーダンにおける任務終了に伴い、勤務期間約3か月(第1次隊からは通算2年9か月)をもって帰国する。

スーダン国際平和協力隊員(情報幕僚)
日下 耕(くさか こう) 3等陸佐

我が国は、国連安全保障理事会決議第1590号により2005年3月に設置されたUNMISに対し、平成20年10月より、司令部要員として2名の自衛官を派遣してきた(本年4月、第5次要員から第6次要員に交替。)。

3 今後の日程

上記隊員は、7月24日(日)に現地を出発し、同25日(月)に本邦到着予定である。
なお、現在UNMISの撤収業務を実施している兵站幕僚の帰国予定日は現時点では確定していない。

ページの先頭へ戻る