(株)ノサックス他に対する指名停止等の措置について

平成22年11月5日
防衛省

平成20年度及び21年度に装備施設本部が契約した艦艇用編上靴等4件に関し、(株)ノサックス(広島県東広島市)は、仕様書に基づく試験を一部未実施であったほか、工業標準化法改正後の新JIS(日本工業規格)への適合性の認証を受けることなく製品を納入していたことから、同社に対し、平成22年11月5日から2ヵ月間、指名停止の措置をとることといたしました。

同契約に関し、(財)防衛調達基盤整備協会(東京都新宿区)は、(株)ノサックスの製品について、資料監督・検査方式(※)に係る品質保証業務を行っていたところ、上記の不備があったにもかかわらず、当該製品について適格である旨の品質保証を行っていたことから、同協会については、平成22年11月5日から1ヵ月間、防衛省各機関における品質保証資料の作成機関としない措置をとることといたしました。

※ 資料監督・検査方式

監督及び完成検査の実施に当たり、材料、部品及び半製品又は調達品等について、国の機関又はこれに準ずる機関が検定等に基づき品質を保証している場合等において、契約相手方から提出された品質保証資料等を審査して仕様書の要求事項に合致しているか否かを確認し、合否の判定を行う方式。

ページの先頭へ戻る