F-15偵察機化試改修事業に係る契約の納期猶予不承認について

平成22年10月1日

  平成18年度から着手したF-15偵察機化試改修事業に係る契約のうち、平成22年9月30日及び10月29日が納期となっている契約(F-15用偵察システム(J/USD-1)ほか6件)について、契約相手方である(株)東芝から、9月22日、納期猶予の申請がありました。

  しかしながら、仮に納期を猶予したとしても、納入できる光学・赤外線偵察ポッドの性能は、当省の要求する性能を達成できないと見込まれるため、納期猶予を承認しないことといたしました。

  現在、当省としては、(株)東芝との間で関連する契約の解除へ向けた協議を行っているところです。

ページの先頭へ戻る