護衛艦「きりしま」SM-3発射試験の実施について

平成22年9月7日
防衛省

 弾道ミサイル防衛(BMD)機能を付加するための改修が進められてきたイージス護衛艦「きりしま」は、本年11月までにSM-3ミサイルを搭載し、弾道ミサイルへの対処能力を獲得する予定です。
 これに伴い、イージス護衛艦「こんごう」、「ちょうかい」及び「みょうこう」に続く4隻目として、イージス護衛艦「きりしま」に付加したBMD機能が有効に発揮できることを確認するため、本年10月25日の週に、ハワイ・カウアイ島沖においてSM-3ミサイルの発射試験を実施することとしましたので、お知らせします。

ページの先頭へ戻る