第15回東京ディフェンス・フォ-ラム(アジア太平洋地域防衛当局者フォーラム)及び第1回TDFセミナーの開催について

平成22年8月27日
防衛省

1 第15回東京ディフェンス・フォーラム

(1)趣 旨

 防衛省では、9月14日(火)から9月17日(金)までの間、第15回東京ディフェンス・フォーラム(TDF)を開催する。
 TDFは、平成8年よりARF参加国の防衛当局間の会合として防衛省が毎年主催している国際会議であり、大江防衛政策局次長が議長を務め、アジア太平洋地域の国防省幹部(局長・将官レベル)の参加を得て、各国間の相互理解・透明性の向上のため、国防政策等に関する意見交換を実施している。
 今回のTDFでは、ASEAN域外主要国がアジア太平洋地域における安全保障協力にどのように関与していくのか、また、ASEANの域外主要国に如何なる役割を期待しているのかについて、「地域の安全保障協力における主要国の役割」を議題の一つとし、各国からの発表を元に意見交換を行う。
 また、ARFでは、災害救援実動演習の実施など具体的な協力が進展しつつあり、また、ARFにおける協力促進の具体的なプランであるハノイ行動計画においても防衛当局のARFプロセスへの積極的関与が謳われる等、ARF参加国の防衛当局の役割の重要性が増大していることから、「ARFにおける防衛当局の役割」をもう一つの議題とし、ARFにおける協力強化を図るべき点について、ASEANの視点及びASEAN域外国の視点からプレゼンを実施し、意見交換を行う。
 また、今回より、部外有識者を招待した公開セミナー(TDFセミナー)及びこの機会を利用した参加国との局長級二国間会談等を行うこととした。

(2)参加予定国・機関

 アジア太平洋地域の25か国(※)、欧州連合(EU)、ASEAN事務局、国連人道問題調整部(UN OCHA)、赤十字国際委員会(ICRC)
 ※ オーストラリア、バングラデシュ、ブルネイ、カンボジア、カナダ、中国、インド、インドネシア、日本、ラオス、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、ニュージーランド、パキスタン、パプアニューギニア、フィリピン、韓国、ロシア、シンガポール、スリランカ、タイ、東ティモール、米国、ベトナム

(3)会 場

グランドプリンスホテル赤坂(千代田区紀尾井町)

(4)主要日程

9月14日(火) 局長級二国間会談等(調整により随時実施)
   15日(水) 防衛大臣挨拶(予定)
本会合
   16日(木) 第1回TDFセミナー
   17日(金) 部隊研修

2 第1回TDFセミナー

(1)趣 旨

 国内外から著名な有識者及び防衛当局者を招き、公開の場で議論を行い、安全保障環境改善のための取組に資するとともに、地域における対話・協力の促進に寄与することを目的として開催する。
 議題の一つは本会合と共通とし、「地域の安全保障協力における主要国の役割」について議論を行い、もう一つは海上安全保障、特に航行自由の原則や不測の事態に対する行動基準の策定といった「海上安全保障と域内秩序の形成」に関して議論を行う。

(2)議長

白石 隆 内閣府総合科学技術会議常任議員/アジア経済研究所所長

(3)プログラム及びパネリスト(予定)

1300 開会挨拶
1315 セッション1「地域の安全保障協力に対する主要国の役割」
発表者
 ・坂元 一哉 大阪大学法学部教授
 ・ノエル・モラダ クイーンズランド大学教授(豪州)
 ※ その他調整中
1500 休憩
1515 セッション2「海上安全保障に関する域内秩序の形成」
発表者
 ・阿川 尚之 慶応大学常任理事
 ※ その他調整中
1700 議長によるまとめ

(4)会 場

グランドプリンスホテル赤坂(千代田区紀尾井町)

ページの先頭へ戻る