北海道渡島半島付近における航空機捜索に係る災害派遣について(20時00分現在)

平成22年7月28日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成22年7月28日(水)14時19分

(2)要請元

東京空港事務所長

(3)要請先

航空自衛隊 北部航空方面隊司令官(三沢)

(4)要請の概要

航空機の捜索

(5)発生場所

北海道渡島半島付近

2.災害派遣までの経緯

 7月28日(水)12時49分に丘珠空港に到着予定であった民間航空機(中日本航空所属セスナ機、乗員2名)が同日13時59分になっても到着しないため、同日14時19分、東京空港事務所長から北部航空方面隊司令官に対して災害派遣要請がなされた。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

空自 千歳救難隊(千歳)、秋田救難隊(秋田)、松島救難隊(松島)、飛行警戒監視隊(三沢)
海自 第21航空群大湊航空分遣隊(大湊)

(2)派遣規模 

航空機 8機

(3)主な対応状況

【28日】
14時19分 東京空港事務所長から北部航空方面隊司令官(三沢)に対して航空機の捜索に係る災害派遣要請
14時32分 千歳救難隊のUH-60J×1機が離陸。以降、捜索活動を実施。
14時57分
以降
第21航空群のUH-60J×1機、千歳救難隊のU-125A×1機、松島救難隊のU-125A×1機、秋田救難隊のUH-60J×1機、U-125A×1、飛行警戒監視隊のE-2C×2機が離陸。以降、捜索活動を実施。
19時48分 本日の捜索活動を終了。
   

※明日も引き続き活動を実施予定。

ページの先頭へ戻る