広島県における大雨被害に係る災害派遣について(19時00分現在)

平成22年7月18日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※下線部は、17日20時00分現在からの変更箇所

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成22年7月16日(金)19時10分

(2)要請元

広島県知事

(3)要請先

陸上自衛隊 第13旅団長(海田市)

(4)要請の概要

人命救助、行方不明者の捜索

(5)発生場所

広島県庄原市

2.災害派遣までの経緯

 7月16日(金)、広島県庄原市において豪雨のため複数箇所において土石流による家屋の倒壊等住民が孤立化し、住民の避難が必要となったため、16日(金)19時10分、広島県知事から陸上自衛隊第13旅団長に対して、人命救助に係る災害派遣要請がなされた。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊

陸 自  第46普通科連隊(海田市)、第13飛行隊(防府)

(2)派遣規模 

人 員  約120名(延べ約320名)
車 両   約30両(延べ約80両)
航空機  2機(延べ約4機)

(3)主な対応状況

【16日】
19時10分 広島県知事から第13旅団長に対して、人命救助に係る災害派遣要請
21時08分 第46普通科連隊の主力部隊(人員約90名、車両約20両)が庄原市へ向け駐屯地を出発。
【17日】
04時38分 航空機2機による情報収集活動を開始。
06時10分 第46普通科連隊の主力部隊が捜索活動を開始。
14時55分 17日の活動終了。
【18日】
05時00分 第46普通科連隊の主力部隊(人員約120名、車両約30両)が庄原市へ向け駐屯地を出発。
10時00分 第46普通科連隊の主力部隊が捜索活動を開始。
16時00分 本日の活動終了。

※ 明日も引き続き活動を実施予定。

ページの先頭へ戻る