チリ中部沿岸で発生した地震に係る防衛省・自衛隊の対応について(16時00分現在)

平成22年2月28日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※下線部は、14時00分現在からの変更箇所

1.経緯

 2月27日15時34分頃、チリ中部沿岸でマグニチュード8.6の地震が発生し、2月28日9時25分、東北地方に大津波警報が発表された。

2.防衛省・自衛隊の対応 

(1)活動部隊

陸 自 東北方面総監部(仙台)、第9師団司令部(青森)、第11飛行隊(丘珠)、東北方面航空隊(霞目)、第2対戦ヘリコプター隊(八戸)、第31普通科連隊(武山)、第34普通科連隊(板妻)、第1戦車大隊(駒門)、第1師団司令部(練馬)、施設学校(勝田)、第1空挺団(習志野)、第6師団司令部(神町)
海 自 第1航空群(鹿屋)、第2航空群(八戸)、第4航空群(厚木)、第5航空群(那覇)、第21航空群(館山)、第22航空群(大村)、第31航空群(岩国)
空 自 第3航空団(三沢)、偵察航空隊(百里)、第7航空団、松島救難隊(松島)、警戒航空隊(浜松)

(2)主な対応状況 

【28日】  
08時30分 防衛省災害対策室設置
10時00分 防衛大臣指示
・地方自治体との連携を強化すること
・部隊の情報収集などに万全を期すこと
10時08分以降 青森県庁、岩手県庁、宮城県庁、福島県庁、茨城県庁、千葉県庁、東京都庁、神奈川県庁、静岡県庁に連絡員を派遣。
10時57分以降 第2航空群(八戸)P-3C×1機が離陸。以降、航空機52機(陸自17機、海自20機、空自15機)により情報収集活動を実施。

ページの先頭へ戻る