チリ中部沿岸で発生した地震に係る防衛省・自衛隊の対応について(12時00分現在)

平成22年2月28日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。

1.経緯

 2月27日15時34分頃、チリ中部沿岸でマグニチュード8.6の地震が発生し、2月28日9時25分、東北地方に大津波警報が発表された。

2.防衛省・自衛隊の対応 

(1)活動部隊

陸 自  東北方面総監部(仙台)、第9師団司令部(青森)
海 自  第1航空群(鹿屋)、第2航空群(八戸)、第4航空群(厚木)
空 自  第3航空団(三沢)

(2)主な対応状況 

【28日】  
08時30分 防衛省災害対策室設置
10時00分 防衛大臣指示
・地方自治体との連携を強化すること
・部隊の情報収集などに万全を期すこと
10時08分 岩手県庁に東北方面総監部の連絡員1名が到着。
10時25分 宮城県庁に東北方面総監部の連絡員3名が到着。
10時55分  青森県庁に第9師団司令部の連絡員3名が到着。
10時57分 第2航空群(八戸)P-3C×1機が離陸。以降、情報収集活動を実施。
11時03分 第4航空群(厚木)P-3C×1機が離陸。以降、情報収集活動を実施。
11時09分 第1航空群(鹿屋)P-3C×1機が離陸。以降、情報収集活動を実施。
11時14分 第3航空団(三沢)F-2×1機が離陸。以降、情報収集活動を実施。

ページの先頭へ戻る