北海道網走市における断水に伴う給水支援に係る災害派遣について(最終報)

平成22年2月6日
防衛省

※数値等は速報値であり、今後変わることがある。
※下線部は、2月5日20時00分現在からの変更箇所

1.災害派遣の概要

(1)要請日時

平成22年2月5日(金)11時35分

(2)要請元

北海道知事(網走支庁長)

(3)要請先

陸上自衛隊 第6普通科連隊長(美幌)

(4)要請の概要

給水支援

(5)発生場所

北海道網走市

(6)撤収要請日時

平成22年2月5日(金)23時35分

2.災害派遣までの経緯

 2月5日(金)北海道網走市において、水道管が破損し約1万6000戸が断水。同日11時35分、北海道知事(網走支庁長)から第6普通科連隊長に対して災害派遣要請がなされた。

3.防衛省・自衛隊の対応

(1)派遣部隊 

 陸 自 第6普通科連隊(美幌)、第101特科大隊(美幌)

(2)派遣規模

 人 員 42名
 車 両 13両、水トレーラー11両

(3)主な対応状況 

【5日】  
11時35分 北海道知事(網走支庁長)から陸自第6普通科連隊長に対して、給水支援に係る災害派遣要請
11時55分 第6普通科連隊の連絡員2名、車両1両が現地対策本部(網走市役所)へ向けて駐屯地を出発。
12時10分 第6普通科連隊の通信中継員2名、車両1両が網走市へ向けて駐屯地を出発。
13時15分 第6普通科連隊及び第101特科大隊の人員38名、車両11両、水トレーラー11両が駐屯地を出発。
14時27分 網走市内の11ヶ所(オホーツク文化センター、網走市民会館、網走高等看護学校、網走西小学校、網走第1中学校、駒場住民センター、網走コミュニティセンター、網走南小学校、白鳥台小学校、二ツ岩、錦町会館)にて活動開始。
22時00分 給水活動を終了。
23時35分 撤収要請。
※総給水量:約31トン

ページの先頭へ戻る