日米安全保障高級事務レベル協議(SSC)の開催について

平成22年2月2日
防衛省

 2月2日(火)午前、外務省において、日米安全保障高級事務レベル協議(SSC)が開催され、我が方から、高見澤將林防衛省防衛政策局長及び梅本和義外務省北米局長、米側から、ウォレス・C・グレグソン(Mr. Wallace C. Gregson)国防次官補及びカート・M・キャンベル(Dr. Kurt M. Campbell)国務次官補等が、それぞれ出席しました。

 本件協議においては、現行の日米安保条約の締結から50周年に当たる本年に、日米同盟を深化させるプロセスを推進させるため、安全保障面において具体的にどのような協力が可能かについて議論を行いました。

(参考)
 ・昨年11月の日米首脳会談:同盟深化の協議プロセス開始で一致。
 ・本年1月の日米外相会談:「2+2」の枠組みの下、閣僚の指示に基づき、実務レベルでの検討を開始することで一致。
 ・本年1月19日の日米安全保障協議委員会(「2+2」)共同発表:
 「幅広い分野における日米安保協力をさらに推進し、深化するために行っている対話を強化する。」

 具体的には、日米安保協力を深化させていくため、東アジアを中心とする地域における安全保障環境への共通認識を日米両国が確認するため議論を行っていくことや、昨年11月の日米首脳会談でも取り上げられた情報保全、拡大抑止、宇宙やミサイル防衛の分野、更にはHA/DR(人道支援・災害救援)やサイバーを含む個別の分野における協力についても議論されました。また、今後も同盟深化のために日米間で緊密に協議を行っていくことで一致しました。

 普天間基地をめぐる問題については、日本側から、連立与党による沖縄基地問題検討委員会での検討を含む国内のプロセスについて説明したのに対し、米側からは、現行案が唯一実現可能な案であると考えるとの従来の立場の表明がありました。

ページの先頭へ戻る