インドネシア共和国における国際緊急援助活動 (医療活動)の終結について

平成21年10月16日
防衛省

 インドネシア西スマトラ州パダン沖地震災害に関し、平成21年10月5日からインドネシア共和国において、自衛隊の部隊が国際緊急援助活動として医療活動を行ってきましたが、被災地における緊急医療ニーズ減少や各国軍による緊急支援の終了等の状況を踏まえ、本日、防衛大臣から、活動の終結について命令を発出しました。
 その概要は、以下のとおりです。

 統合連絡調整所長及びインドネシア国際緊急医療援助隊長は、平成21年10月17日、インドネシアにおける国際緊急援助活動及び当該活動に必要な連絡調整等を終結すること。部隊は速やかに本邦へ帰国すること。

 本邦帰国後、統合連絡調整所及びインドネシア国際緊急医療援助隊を廃止すること。

ページの先頭へ戻る