インドネシア共和国における国際緊急援助活動 (医療活動)の実施について

平成21年10月5日
防衛省

 インドネシア西スマトラ州パダン沖地震に関し、10月3日に発出された防衛大臣の準備指示に基づき、現地に派遣された調査チームが、昨日、被災地に入り、パダン市及びその周辺地域等を調査し、活動内容等について関係機関と調整を行いました。
 この結果、本日より、医療活動を実施することとし、防衛大臣から、活動の実施について命令を発出しました。
 その概要は、以下のとおりです。

  インドネシア国際緊急医療援助隊(約10名)を編成する。

  同医療援助隊は、インドネシア共和国において、10月5日から別に命ずるまでの間、応急医療等を実施する。

  同医療援助隊のほか、現地で関係機関との連絡調整等に当たる統合連絡調整所を設置する。

ページの先頭へ戻る