平成21年「再就職状況の公表」

平成21年8月4日
防衛省

1 「再就職状況の公表」については、「公務員制度改革大綱」(平成13年12月25日閣議決定。以下「大綱」という。)に基づき、毎年1回公表することとされているところである。 今回対象となるのは、平成20年8月16日から同年12月30日までの間に当省の課長・企画官相当職以上で退職した職員に係る平成20年12月30日までの再就職(選挙によって公職に就いた場合を含む。)の状況であるが、当省における該当はない。

2 特別職国家公務員に係る再就職状況の公表については、引き続き大綱に基づき公表することとなる。 今回、当省において公表するのは、当省課長・企画官相当職以上で退職した特別職の職員の平成20年12月31日から平成21年3月31日までの間における再就職(選挙によって公職に就いた場合を含む。)の状況であり、その結果は別表のとおりである。

3 各府省における以上の再就職状況については、本日、各府省においてそれぞれ公表されているところであり、これらを総括した結果については、内閣官房及び総務省において公表されている。

4 なお、国家公務員法等の一部を改正する法律(平成19年法律第108号)の昨年12月31日の施行に伴い、国家公務員法第106条の25第2項の規定に基づき、内閣は、毎年度、管理職職員(本省課長・企画官相当職以上)であった者の再就職状況を公表することとされているところであり、平成20年度分の再就職状況については、本日、内閣官房及び総務省において公表されている。


PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Reader は、Adobeのサイト(別ウィンドウ)からダウンロードしてください。

別ウィンドウで Adobe Reader のダウンロードページへ


ページの先頭へ戻る