アデン湾における第34回の護衛の終了について

平成21年7月3日
防衛省

 7月1日より開始されました標記護衛につきまして、本日(日本時間午前)、アデン湾における海賊対処のため海上警備行動により派遣された自衛隊の部隊(護衛艦「さざなみ」及び「さみだれ」)による護衛(護衛対象船舶:タンカー3隻)が、終了しました。

 今回の護衛対象であった船舶3隻については、
 日本籍船 0隻
 我が国の船舶運航事業者が運航する外国籍船2隻
 (そのうち、日本人が乗船する外国籍船 0隻)
 外国の船舶運航事業者が運航し、日本の積荷を輸送する外国籍船であって、我が国国民の安定的な経済活動にとって重要な船舶 1隻
 (そのうち、日本人が乗船する外国籍船 0隻)

となっております。

ページの先頭へ戻る