(株)富士インダストリーズ及び極東貿易(株)による過大請求について

平成21年4月24日
防衛省

1.概要

(1)(株)富士インダストリーズ
 平成18年11月、(株)富士インダストリーズによる過大請求事案が発覚したことから、同社の入札参加資格を停止するとともに、同社に関する契約の過払い額について調査を実施してきたところ、今般、過払い額を確定し、延滞金と併せて同社に返還請求を実施した。
 なお、本日、同社から請求額の全額が返納されたことなどから、同社に対する入札参加資格停止を解除した。

(2)極東貿易(株)
 平成20年1月、極東貿易(株)による過大請求事案が発覚したことから、同社の入札参加資格を停止するとともに、同社に関する契約の過払い額について調査を実施してきたところ、今般、これまでに判明した過大請求に係る過払い額を確定し、延滞金と併せて同社に返還請求を実施した。
 なお、同社に対する調査は引き続き実施する。

2.返還請求額

(1)(株)富士インダストリーズ

区分 件数 過払い額 延滞金 合計
中央調達 38件 1.7億円 0.4億円 2.1億円
地方調達 334件 5.5億円 1.7億円 7.2億円
372件 7.2億円 2.1億円 9.3億円

(注1)過払いの対象となった契約品目は、航空機用部品(バルブ、ケーブル、ボルト、ナット等の小部品)

(注2)上記372件の過払い案件の他、60件の過大請求があったが、これらについては減額変更(合計0.9億円)の措置をとり確定させた


(2)極東貿易(株)

区分 件数 過払い額 延滞金 合計
中央調達 69件 6.0億円 1.2億円 7.2億円

(注1)過払いの対象となった契約品目は、航空機用部品(整備器材、ミサイル警報装置等)、潜水艦用通信アンテナ、補給物品運搬用ネット等

(注2)上記69件の過払い案件の他、6件の過大請求があったが、そのうち4件については減額変更(合計0.2億円)の措置をとり確定させたところであり、残り2件(履行中)についても適正な価格で契約を変更する予定

ページの先頭へ戻る