イラク特措法に基づく自衛隊の対応措置の終結に関する命令等の発出について

平成20年11月28日

 本日、政府は、イラクでの航空自衛隊による輸送支援が、その活動目的を達成したと判断し、年内に任務を終了させることを決定しました。これを受け、防衛省として、今後の空自部隊による輸送活動の終結及び撤収業務の実施のために必要な命令を発出しました。その概要は以下のとおりです。

○ 航空支援集団司令官は、イラクにおける人道復興支援活動及び安全確保支援活動としての航空機による輸送の終結に向けた措置をとりつつ、別に命ずる日をもって当該輸送を終結し、派遣部隊を本邦に帰国させる。

○ 派遣部隊の撤収に係る業務を実施するため、航空自衛隊イラク復興支援派遣撤収業務隊を編成する。航空支援集団司令官は、同部隊により派遣部隊の撤収に係る業務を実施する。

ページの先頭へ戻る