第13回東京ディフェンス・フォ-ラム(アジア太平洋地域防衛当局者フォーラム)の開催について

平成20年10月17日

1 趣 旨

 防衛省では、10月21日(火)から10月24日(金)までの間、第13回東京ディフェンス・フォーラム(TDF)を開催する。
 今回は、「災害救援における国際協力のための取組」を議題の一つとし、最近の中国四川省における大地震やミャンマーにおけるサイクロン被害の経験も踏まえて、災害救援における情報共有や各種活動の調整に焦点を当て、最近の国際的な災害救援活動の教訓や今後の国際協力促進のための取組について意見交換を行う。また、「各国の防衛政策」をもう一つの議題とし、各国防衛政策の最近の主要な動向についてレビューする。
 なお、本議論の結果は、今後のARF会合において報告される予定。

注):TDFは、平成8年から防衛省が主催している国際会議であり、アジア太平洋地域各国の国防政策や防衛交流担当幹部(局長・将官レベル)の参加を得て、各国間の相互理解・透明性の向上のため、国防政策等に関する意見交換を実施するもの

2 参加予定国・機関

アジア太平洋地域の25か国(※)、欧州連合(EU)、ASEAN事務局、国連人道問題調整部(UN OCHA)、赤十字国際委員会(ICRC)

※ オーストラリア、バングラデシュ、ブルネイ、カンボジア、カナダ、中国、インド、インドネシア、日本、ラオス、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、ニュージーランド、パキスタン、パプアニューギニア、フィリピン、韓国、ロシア、シンガポール、スリランカ、タイ、東ティモール、米国、ベトナム

※防衛省からは、国際関係担当防衛参事官(議長)、統幕防衛計画部長等の出席を予定。

3 会 場

ホテル メトロポリタン エドモント(千代田区飯田橋)

4 日程・議題

10月22日(水):セッションⅠ(災害救援における国際協力のための取組)
10月23日(木):セッションⅡ(各国の防衛政策)
10月24日(金):部隊研修

ページの先頭へ戻る