愛媛県今治市における山林火災に係る災害派遣について(最終報)

平成20年8月26日

※これは速報であり、数値等は今後も変わることがある。

1 一般状況

 8月24日午後5時12分頃、愛媛県今治市朝倉町において山林火災が発生(約1km四方を延焼)した。地元消防により消火活動を実施したが延焼地域が拡大する恐れがあるため、25日午前1時51分、愛媛県知事から陸上自衛隊第14特科隊長(松山)に対し、山林火災の消火に係る災害派遣要請がなされ、消火活動を行い、鎮火の見通しが立ったことから、撤収要請がなされた。

2 自衛隊の対応状況

(1)活動部隊

陸自第14特科隊(松山)、第13後方支援隊(海田市(かいたいち))
中部方面航空隊(八尾)、陸自航空学校(明野)、西部方面ヘリコプター隊(高遊原)
空自春日ヘリコプター空輸隊(春日)

(2)派遣規模

人員約240名(延べ約370名)
車両約20両(延べ約60両)
航空機10機(延べ20機)

(3)活動状況

【25日】
0151 愛媛県知事から第14特科隊長に対して、山林火災の消火に係る災害派遣要請
0327 中部方面航空隊所属UH-1×3機(映像伝送機)が離陸。
0336 中部方面航空隊所属UH-1×3機(消火ヘリ)、OH-6×1機(偵察ヘリ)が離陸。
0537 中部方面航空隊のヘリにより消火活動を開始。
1002 陸自西部方面ヘリコプター隊所属CH-47×1機、松山空港に到着。じ後、消火活動を実施。
1008 空自春日ヘリコプター空輸隊所属CH-47×1機、ひうちヘリポートに到着。じ後、消火活動を実施。
1150 陸自航空学校所属CH-47×1機、ひうちヘリポートに到着。じ後、消火活動を実施。
1842 本日の活動を終了。

25日の活動実績:
陸自:放水量約280トン
空自:放水量約140トン

【26日】
0440 陸自UH-1×2機(映像電送機)が離陸。
0510 陸自OH-6×1機が離陸。じ後、情報収集を実施。
0530~1525までの間、消火活動を実施。
1830 撤収要請。

26日の活動実績:
陸自:放水量約160トン
空自:放水量約130トン

ページの先頭へ戻る