岩手県沿岸北部を震源とする地震の対応について(04時30分現在)

平成20年7月24日

※これは速報であり、数値等は今後も変わることがある。

1 一般状況

 7月24日、岩手県沿岸北部を震源とする地震が発生し、岩手県洋野町において震度6強を観測した。

2 自衛隊の対応状況

(1)活動部隊

陸自:第9師団司令部、第5高射特科群(八戸)東北方面航空隊(霞目)
海自:第25航空隊(大湊)、第73航空隊(大湊)、第2航空群(八戸)
空自:第7航空団(百里)、秋田救難隊(秋田)、松島救難隊(松島)



(2)派遣規模

調査中



(3)主な活動状況

【24日】
0034 防衛省災害対策室設置。
0045 岩手県知事より陸自第9特科連隊長に、災害派遣要請
0050
以降
空自F-15(百里)×2機が離陸。じ後、情報収集活動を実施。
0101 海自SH-60(大湊)×1機が離陸。じ後、情報収集活動を実施。
0105 陸自UH-1ヘリ映伝機(霞目)×1機が離陸。じ後、情報収集活動を実施。
0107 海自UH-60(大湊)×1機が離陸。じ後、情報収集活動を実施。
0111 海自SH-60(大湊)×1機が離陸。じ後、情報収集活動を実施。
0112 陸自第9師団(青森)の連絡員が青森県庁へ出発。
0116 海自P-3C(八戸)×1機が離陸。じ後、情報収集活動を実施。
0125
以降
空自F-4(百里)×2機が離陸。じ後、情報収集活動を実施。
0126 空自UH-60(松島)×1機が離陸。じ後、情報収集活動を実施。
0138 陸自第5高射特科群(八戸)の人員4名、車両2両が出発。じ後、情報収集活動を実施。
0230 空自U-125(秋田)×1機が離陸。じ後、情報収集活動を実施。
0245 青森県知事より第9師団長に、災害派遣要請
0343 陸自CH-47(木更津)×1機が政府調査団輸送のため市ヶ谷を離陸。

ページの先頭へ戻る