北海道暑寒別岳(しょかんべつだけ)における行方不明者の捜索に係る災害派遣について(最終報)

平成20年7月12日

※これは速報であり、数値等は今後変更することがある。
※下線部は7月11日18時00分現在からの修正箇所。

1 一般状況

 7月9日に北海道暑寒別岳(しょかんべつだけ)に入山した登山者の男性(57歳)が行方不明となり、11日朝より警察及び消防が捜索したが発見されず、北海道知事から陸自第2師団長(旭川)に対し災害派遣要請がなされ、捜索を実施したところ、12日、陸自第2飛行隊(旭川)が男性を発見したため、撤収要請がなされた。

2 自衛隊の対応状況

(1)活動部隊

陸自第2特科連隊(旭川)、陸自第2飛行隊(旭川)



(2)派遣規模(延べ数)

人員約70名、車両14両、航空機2機



(3)主な活動状況

【11日】
1159 北海道知事から陸自第2師団長(旭川)に対し、行方不明者の捜索に係る災害派遣要請
1246 陸自第2特科連隊(旭川)の連絡員2名、車両1両が現地対策本部(雨竜(うりゅう)町役場)に出発。
【12日】
0240 陸自第2特科連隊(旭川)の人員約60名、車両13両が出発。じ後、捜索活動を実施。
0943 陸自OH-6(旭川)×1機が離陸。じ後、捜索活動を実施。
1042 陸自OH-6(旭川)が行方不明の男性を発見。
1136 陸自UH-1(旭川)×1機に収容(1151消防に引継ぎ完了)。
1245 撤収要請。

ページの先頭へ戻る