北海道襟裳(えりも)岬沖における遭難漁船乗組員の捜索に係る災害派遣について
(最終報)

平成20年6月4日

※ これは速報であり、数値等は今後変更することがある

1 一般状況

 6月4日、北海道襟裳岬沖東(約65km)で操業中の漁船が浸水し、乗員6名が行方不明となった。同日、第1管区海上保安本部長から空自第2航空団司令(千歳)に対し災害派遣要請がなされ、捜索活動を実施したが、現場付近にいたタンカーにより乗員6名が救出されたため、撤収要請がなされた。

2 自衛隊の対応状況

(1)活動部隊

空自千歳救難隊(千歳)

(2)派遣規模

航空機2機

(3)主な活動状況

【4日】
0621 第1管区海上保安本部長から空自第2航空団司令(千歳)に対し、行方不明者の捜索に係る災害派遣要請
0622 空自UH-60J(千歳)×1機が離陸。じ後、捜索活動を実施。
0627 空自U-125A(千歳)×1機が離陸。じ後、捜索活動を実施。
0641 民間タンカーが乗員6名を救助。
0724 撤収要請

ページの先頭へ戻る