広島県江田島市における行方不明者の捜索に係る災害派遣について
(最終報)

平成20年5月12日

※これは速報であり、数値等は今後も変わることがある。
※下線部は5月10日18時00分現在からの修正箇所

1 一般状況

 5月6日、広島県江田島市江田島町切串の人工干潟で潮干狩り中の男児(小学1年生)が行方不明となり、海上保安庁、広島県警察、江田島消防による捜索を行っていたところ、発見されず、8日、広島県知事から海上自衛隊呉地方総監(呉)に対し災害派遣要請がなされたが、発見に至らず撤収要請がなされた。

2 自衛隊の対応状況

(1)活動部隊

海自第1術科学校(江田島)

(2)派遣規模(延べ数)

人員53名(潜水員17名を含む)、艦船1隻、ボート11

(3)活動状況

    
【8日】
0730 広島県知事から海自呉地方総監(呉)に対し、行方不明者の捜索・救助に係る災害派遣要請
0950 潜水員(9名)が水中捜索を開始。
1650 本日の活動を終了。
【9日】
9名(潜水員2名を含む)が海自第1術科学校において待機。
【10日】
9名(潜水員2名を含む)が海自第1術科学校において待機。
【11日】
9名(潜水員2名を含む)が海自第1術科学校において待機。
 
【12日】
9名(潜水員2名を含む)が海自第1術科学校において待機
0900 撤収要請。

ページの先頭へ戻る