山梨県笛吹市における山林火災に係る災害派遣について(最終報)

平成20年2月26日

※これは速報であり、数値等は今後も変わることがある。
下線部は、25日18時00分現在以降の変更箇所である。

1.一般状況

 24日(日)14時頃、山梨県笛吹市において山林火災が発生(約1ヘクタールを延焼)し、山梨県知事から陸上自衛隊第1特科隊長(北富士駐屯地司令)に対し山林火災の消火に係る災害派遣要請がなされ消火活動を実施していたところ、本日鎮火が確認されたため、撤収要請がなされた。

2.自衛隊の対応状況

(1)活動部隊

陸自第1特科隊(北富士)
陸自第12ヘリコプター隊(相馬原)
陸自第1飛行隊(立川)
陸自東部方面航空隊(立川)
陸自東部方面通信群(朝霞)

(2)派遣規模(延べ数

人員約200名、車両約50両、航空機約20

(3)活動状況

【24日】
1506 山梨県知事から陸自第1特科隊長(北富士)に対して、山林火災の消火に係る災害派遣要請
1530 陸自第1特科隊(北富士)から連絡員6名を山梨県庁等に派遣。
1657 陸自UH-1×2機(映像伝送機)が離陸。じ後、偵察活動を開始。
1855 本日の活動終了。
     
【25日】
0550 陸自UH-1×2機(映像伝送機)により偵察活動を開始。
1212 陸自UH-1×2機により消火活動を開始。
1246 陸自CH-47×3機により消火活動を開始。
1740活動終了。
        
26日
0540 陸自OH-6×1機が離陸。じ後、消火活動にあたる航空機に対する誘導等を実施。
0602 陸自UH-1×2機(映像伝送機)により偵察活動を開始。
0648 陸自UH-1×2機により消火活動を開始。
0655 陸自CH-47×3機により消火活動を開始。
0935 撤収要請

ページの先頭へ戻る