太平洋長距離航空輸送セミナーの開催について

平成20年2月18日

1. 2月22日(金)、23日(土)の2日間、防衛省(市ヶ谷)及び米軍横田基地において、太平洋長距離航空輸送セミナー(Pacific Global Air Mobility Seminar)を開催します。
 本セミナーは、日・米・豪の防衛当局者が参加し、今後の日・米・豪3カ国の航空輸送分野における協力に関する意見交換等を行うものです。
 また、米軍横田基地において、陸上自衛隊のCH-47の米空軍C-17への搭載について、実機を用いた検証を行うこととしています。

2. セミナーの概要は以下のとおりです。

(1)意見交換等(防衛省)

日本側:
防衛政策局日米防衛協力課長、防衛政策局国際政策課長、 運用企画局国際協力課長、統幕運用第2課長、統幕後方補給官、統幕防衛課長、外務省日米地位協定室長 等

米 側:
ヒル国防省東アジア筆頭部長
メイヤー輸送軍展開地基盤課長 等

豪 側:
イネス第84航空隊司令兼輸送指揮所長(空軍大佐)、
ボウケンシュタイン国防省国際政策局南北アジア課長 等

(2)搭載検証(横田基地)

 2月23日(土)11:00~(予定) 陸自第1ヘリ団所属のCH-47の米空軍C-17への搭載検証を実施する予定です。

ページの先頭へ戻る