北海道大雪山系黒岳(くろだけ)における行方不明者の捜索に係る災害派遣について(最終報)

平成19年12月4日

※ これは速報であり、数値等は今後変わることがある。
※ 下線部は12月3日19時30分現在からの変更箇所。

1 一般状況

 12月1日から北海道大雪山系黒岳に入山していた男性1名(32歳)が行方不明となり、3日より警察による捜索を実施したが発見できなかったため、同日14時5分に北海道県知事(上川支庁長)から災害派遣要請を受けた陸上自衛隊が捜索活動を実施したところ、無事に発見されたため撤収要請がなされた。

2 自衛隊の対応状況

(1)活動部隊

陸自第2特科連隊、第2飛行隊(旭川)

(2)派遣規模(延べ)

人員約80名、車両約10両、航空機4機

(3)活動状況

【3日】
1405  北海道知事(上川支庁長)から陸自第2師団長(旭川)に対して、行方不明者の捜索に係る災害派遣要請
1456  陸自OH-6(旭川)×1機が離陸。じ後、空中からの捜索活動を実施。
1501  陸自第2特科連隊(旭川)の人員3名が上川町役場に向け出発。
1810  本日の活動を終了。
【4日】
0400  陸自第2特科連隊(旭川)の連絡員が出発。
0501  陸自第2特科連隊(旭川)の捜索隊が出発。じ後、捜索活動を実施。
0631  陸自OH-6(旭川)×1機が離陸。じ後、捜索活動を実施。
0835  陸自OH-6(旭川)が遭難者を発見。
0845  陸自UH-1(旭川)が遭難者を救助。
0908  撤収要請

3 他機関の勢力

警察(人員約10名)、山岳会(人員約10名)

ページの先頭へ戻る