テロ対策特措法に基づく対応措置の終結に関する命令の発出について

平成19年11月1日

 平成13年11月以降、テロ対策特措法に基づく対応措置として、海自部隊がインド洋にて補給等の活動を実施し、空自部隊が国内外の空輸を実施してきたところですが、本日(11月1日)24時をもって、テロ対策特措法が失効することから、本日15時、対応措置を終結させる命令を発出しました。命令の概要は以下のとおりです。

1 自衛艦隊司令官及び航空支援集団司令官は実施中の協力支援活動等を、平成19年11月1日24時をもって、それぞれ終結せよ。

2 自衛艦隊司令官は、平成19年11年1日24時をもって、協力支援活動等のために編成した部隊を帰国させよ。

ページの先頭へ戻る