我が国主催PSI海上阻止訓練「Pacific Shield 07」への防衛省・自衛隊の参加について

平成19年9月14日

 防衛省・自衛隊は標記訓練に以下のとおり参加します。なお、本訓練は外務省がとりまとめとなり、関係省庁が参加するものであり、我が国主催は平成16年10月に続き、2回目となります。

1 目的

 PSI(大量破壊兵器、ミサイル及びその関連物資の拡散を防止するための国際的な取組)に関する海上阻止訓練に参加し、拡散阻止に係る活動要領を参加各国及び我が国他機関と共に演練することで、互いの連携を強化し、自衛隊の技量向上及び関係国との間の相互理解を図る。

2 訓練の概要及び自衛隊の参加予定部隊

訓練の概要及び自衛隊の参加予定部隊
日程 訓練項目 自衛隊からの参加予定部隊等
10月13日(土) 洋上訓練(伊豆大島東方海域等)
(容疑船の捜索・発見・追尾/乗船)
護衛艦を含む艦艇5隻(注)、P-3C2機、E-767(AWACS)1機
10月14日(日) 停泊訓練(横須賀港)
(洋上を想定した乗船・立入検査訓練)
海上自衛隊乗船チーム
10月15日(月) 港湾訓練(横浜港)
(容疑物資の処理等)
陸上自衛隊化学防護部隊

(注)艦艇5隻のうち4隻は、訓練支援等のために参加するもの。

3 他参加国

 オーストラリア、フランス、ニュージーランド、シンガポール、英国、米国

4 その他

訓練の詳細等については、後日、外務省より関連資料が配布される予定。

(参考) PSI海上阻止訓練への自衛隊の艦艇・航空機の参加は、我が国主催のものを 含め今回で3度目となります。

ページの先頭へ戻る