山口県柳井市における山林火災の消火に係る災害派遣について(最終報)

平成19年9月7日

1 一般状況

 山口県柳井市の三ヶ岳において山林火災が発生し、山口県及び広島県の防災ヘリコプターをもって消火活動を行っていたが、火の勢いが衰えないため、山口県知事から陸自山口駐屯地司令(第17普通科連隊長)に対し、山林火災の消火に係る災害派遣要請がなされ、消火活動を実施していたところ、本日12時鎮火が確認されたため、撤収要請がなされた。

2 自衛隊の活動状況

【6日】
1610  山口県知事から陸自山口駐屯地司令(第17普通科連隊長)に対して山林火災の消火に係る災害派遣要請
1635  陸自UH-1(防府)×1機が離陸。じ後、消火活動を開始。
1638  陸自中部方面隊から空自西部航空方面隊へ協力依頼
1709  陸自OH-6(防府)×1機が離陸。じ後、偵察活動を開始。
1738  陸自UH-1(防府)×1機が離陸。じ後、消火活動を開始。
1740  空自CH-47(春日)×1機が離陸。陸自防府分屯地へ推進。
1855  本日の活動終了
【7日】
0540  陸自OH-6(防府)×1機が離陸。じ後、偵察活動を開始。
0600  陸自UH-1(防府)×2機が離陸。じ後、消火活動を実施。
0620  空自CH-47(春日)×1機が離陸。じ後、消火活動を実施。
0814  陸自CH-47(高遊原)×1機が離陸。じ後、消火活動を実施。
1230  撤収要請

ページの先頭へ戻る