千葉県東方沖を震源とする地震に伴う自衛隊の対応状況について(最終報)

平成19年8月18日

1 一般状況

 18日(土)4時14分頃、千葉県で最大震度5弱を観測する地震が発生し、自衛隊の航空機7機が情報収集活動を実施したが、大きな被害は確認されなかった。

  • (1)震源地:千葉県東方沖(北緯35.4度、東経140.4度)
  • (2)震源の深さ:約20㎞
  • (3)地震の規模:マグニチュード4.8
  • (4)最大震度:震度5弱 千葉県一宮町

2 防衛省の対応状況

【18日】
0420  防衛省災害対策連絡室設置(室長:運用企画局事態対処課長)

3 自衛隊の対応状況

【18日】
0511  海自SH-60J×1機(館山)が離陸。じ後、情報収集を開始。
0512  陸自UH-1×2機(立川:映像伝送機)が離陸。じ後、情報収集を開始。
0515  海自UH-60J×1機(厚木)が離陸。じ後、情報収集を開始。
0521  海自UH-60J×1機(下総)が離陸。じ後、情報収集を開始。
0529  空自UH-60J×1機(百里)が離陸。じ後、情報収集を開始。
0552  陸自UH-1×1機(立川)が離陸。じ後、情報収集を開始。

※0737までに7機全て帰投。

ページの先頭へ戻る