北海道苫前町(とままえちょう)における山林火災に係る災害派遣について(最終報)

平成19年7月22日

1 一般状況

 北海道苫前町(とままえちょう)において、山林火災が発生し、北海道知事(留萌支庁長)から陸自留萌駐屯地司令に対し、山林火災の消火に係る災害派遣要請がなされ、陸上自衛隊が消火活動を実施し、22日火災は鎮火した。

2 防衛省の活動状況

(1)活動部隊

陸自第26普通科連隊(留萌)、第2飛行隊(旭川)

(2)活動規模

人員約273名、車両約50両、航空機6機

(3)活動状況

【19日】
1745  陸自第26普通科連隊(留萌)の連絡員2名が現地に向け出発。じ後、連絡調整を実施。
1825  北海道知事(留萌支庁長)から陸自留萌駐屯地司令(陸自第26普通科連隊長)に対して、山林火災の消火に係る災害派遣要請
1840  陸自OH-6(旭川)×1機が現場に向け離陸。じ後、偵察活動を実施。
2039  陸自UH-1(旭川)×1機が陸自留萌駐屯地に向け前進。
【20日】
0100  陸自第26普通科連隊(留萌)の人員約30名が現地に向け出発。
0343  陸自UH-1(旭川)×1機が離陸。じ後、偵察活動を実施。
0459  陸自UH-1(旭川)×1機が離陸。じ後、空中消火活動を実施。
0627  陸自UH-1(旭川)×1機が離陸。じ後、空中消火活動を実施。
1840  陸自第26普通科連隊(留萌)の人員約100名が地上消火活動を開始。

※ 本日は、消火するまで活動を継続する予定。

【21日】
0330  陸自第26普通科連隊(留萌)の人員約20名が現地に向け出発。
0430  消火活動開始。
0620  陸自第26普通科連隊(留萌)の人員約30名が現地に向け出発。
1729  陸自UH-1(旭川)×1機により上空からの偵察活動を実施。
1745  本日の活動終了。
【22日】
0430  陸自UH-1(旭川)×1機により上空からの偵察活動を実施。
0455  撤収要請。

ページの先頭へ戻る