台風第4号と梅雨前線による大雨に伴う災害派遣について(20時00分現在)

平成19年7月15日

1 一般状況

 梅雨前線の活発化により、熊本県において、7月6日に熊本県知事からの要請を受け、陸上自衛隊が孤立住民の救助(終了)及び給水支援における災害派遣を実施している。
  また、台風第4号の影響により、宮崎県において、7月13日に宮崎県知事からの要請を受け、航空自衛隊が毛布の貸出及び給食支援における災害派遣を実施し、14日21時30分に撤収要請を受けた。

2 防衛省の対応状況

【6日】
1100  防衛省災害対策連絡室(室長:事態対処課長)設置

3 自衛隊の対応状況

(1)活動部隊

【陸自】
  陸自第8特科連隊、第8偵察隊、第8後方支援連隊、第8化学防護隊(いずれも北熊本)、第8飛行隊(高遊原(たかゆばる))、西部方面航空隊(目達原(めたばる))

【空自】
  第5航空団(新田原(にゅうたばる))

(2)派遣規模(延べ)

人員約420名、車両約140両、航空機5機

(3)活動実績(7月15日18:15現在)

【熊本県】
救出人員72名(早楠(はやくす)地区63名、葛之尾(くずのお)地区9名)、給水量約453トン
【宮崎県】
毛布300枚、給食約810

(4)活動状況

○熊本県

【6日】
1125  熊本県知事から陸自第8師団長(北熊本)に対して、孤立住民の救出に係る災害派遣要請
    陸自第8後方支援連隊(北熊本)及び陸自第8化学防護隊(北熊本)が給水支援活動を実施。
   陸自第8偵察隊(北熊本)が孤立住民救出のための偵察活動を実施。(孤立住民救出のため陸自第8特科連隊(北熊本)及び陸自UH-1×1機(高遊原)は待機)
【7日】
   陸自第8特科連隊(北熊本)が早楠地区の孤立住民49名を救出。
   陸自第8後方支援連隊(北熊本)及び陸自第8化学防護隊(北熊本)が給水支援活動を実施。
【8日】
   陸自UH-60(目達原(健軍に前進))×1機が葛之尾地区において孤立住民9名を救出。
   陸自第8特科連隊(北熊本)が早楠地区において孤立住民14名を救出。
   陸自第8後方支援連隊(北熊本)及び陸自第8化学防護隊(北熊本)が給水支援活動を実施。
【9日から14日】
    陸自第8後方支援連隊(北熊本)及び陸自第8化学防護隊(北熊本)が給水支援活動を実施。
【15日】
0700  陸自第8後方支援連隊及び陸自第8化学防護隊(水タンク車2両)が、土喰(つちばみ)地区に向け出発。じ後、給水支援活動を実施
1815  本日の活動を終了。

※明日も引き続き給水支援活動を実施予定

○宮崎県(終了)

【13日】
2350  宮崎県知事から空自第5航空団司令(新田原)に対して、物資(毛布)の貸付に関する災害派遣要請。
【14日】
0025  空自第5航空団(新田原)(人員3名、車両1両、毛布200枚)が西都(さいと)市役所に向けて出発。じ後、西都市役所、三宅地区館、コミュニティーセンター、市民会館、都の郡地区館、三財小学校において、毛布の貸与
1410  空自第5航空団(新田原)(人員4名、車両1両、毛布100枚)が新富町に向けて出発。じ後、新富町文化会館、新田公民館において、毛布の貸与
1557  空自第5航空団(新田原)が西都市、高鍋町、新富町にて避難住民への給食支援を実施。(約810食)
2130  撤収要請

ページの先頭へ戻る