北海道夕張市における行方不明者の捜索に係る災害派遣について(最終報)

平成19年6月27日

1.一般状況

 6月25日から北海道夕張市において山菜採りのため入山していた男性1名(76歳)が26日朝になっても下山せず行方不明となり、警察・消防による捜索を実施したが発見できなかったため、26日9時57分に北海道県知事(空知支庁長)から災害派遣要請を受けた陸上自衛隊が捜索活動を実施したところ、27日に男性が発見されたため撤収要請がなされた。

2.自衛隊の対応状況

(1)活動部隊

陸自第72戦車連隊(北恵庭)、第7通信大隊(東千歳)、
第7後方支援連隊(東千歳)

(2)派遣規模(延べ)

人員:約200名 車両:約30両

(3)活動状況

【26日】
0957  北海道知事(空知支庁長)から陸自第7師団長(東千歳)に対して、行方不明者の捜索に係る災害派遣要請
1131  陸自第72戦車連隊(北恵庭)より連絡員2名が夕張消防署に向け出発。
1220  陸自第72戦車連隊(北恵庭)より人員約80名が出発。じ後、捜索活動を実施。
1700  本日の活動を終了。

【27日】
0900  捜索再開。
0914  消防が行方不明者を発見
1002  撤収要請。

ページの先頭へ戻る