ヤマハ発動機(株)に対する取引停止措置について

平成19年5月18日

 ヤマハ発動機(株)が行った外為法違反による無人ヘリコプターの不正輸出事案に関し、同社に対し、5月18日から2か月間、取引停止措置をとることと致しました。



ページの先頭へ戻る