長野県上田市における山林火災に係る災害派遣について(最終報)

平成19年5月6日

1.一般状況

 5月5日、長野県上田市古安曽(こあそ)において山林火災が発生し、地元警察、消防及び長野県防災ヘリ等により消火活動を行っていたが鎮火せず、長野県知事から災害派遣要請を受けた陸上自衛隊が消火活動を実施していたところ、本日、鎮火したため撤収要請がなされた。

2.自衛隊の活動状況

【5日】
1420  長野県知事から陸自松本駐屯地司令(陸自第13普通科連隊長)に対して、山林火災の消火に係る災害派遣要請
1440  陸自第13普通科連隊(松本)の連絡員2名が現地対策本部(上田市平井寺)に向け出発。
1451  陸自OH-6×1機(相馬原)が現場に向け離陸。じ後、偵察活動を実施。
1535  陸自CH-47×1機(相馬原)が現場に向け離陸。じ後、消火活動を実施。
1607  陸自CH-47×1機(相馬原)が現場に向け離陸。じ後、消火活動を実施。
1634  陸自OH-6×1機(相馬原)が現場に向け離陸。じ後、偵察活動を実施。
1850  活動終了。
【6日】
0400  陸自第13普通科連隊(松本)の連絡員2名が現地対策本部(上田市平井寺)に向け出発。
0458  陸自OH-6×1機(相馬原)が現場に向け離陸。じ後、偵察活動を実施。
0720  撤収要請

ページの先頭へ戻る