KC-767空中給油・輸送機の納入遅延について

平成19年3月16日

 3月15日、伊藤忠商事から防衛省に対し、製造元であるボーイング社が実施している各種試験の遅延等により、契約上、納入時までに取得することとなっている米国連邦航空局による機体の安全性に関する証明(追加型式証明)の取得に時間がかかり、本年度中にKC-767空中給油・輸送機を納入することが困難になったとの報告がありました。
 現時点での見積では、機体納入までに更に数ヶ月程度要する可能性があります。 当省としては、伊藤忠商事に対し、所要の証明を取得の上、可能な限り早期に納入するように引き続き要請を続けております。

ページの先頭へ戻る