栃木県宇都宮市古賀志山(こがしやま)における山林火災の消火に係る災害派遣について(21時30分現在)

平成19年2月6日

1.一般状況

 2月5日に栃木県宇都宮市古賀志山(こがしやま)において、山火事が発生し、県防災ヘリが消火活動を行っていたが、火の勢いが衰えないことから、栃木県知事から陸自宇都宮駐屯地司令に対し、山林火災の消火に係る災害派遣要請がなされ、空中消火活動を実施している。

2.自衛隊の対応状況

【5日】
1314  栃木県知事から陸自宇都宮駐屯地司令(第6地対艦ミサイル連隊長)に対して、山林火災の消火に係る災害派遣要請
1315  陸自OH-6(相馬原)×1機が離陸。じ後、航空偵察等を実施。
1330  陸自CH-47(相馬原)×2機が離陸。じ後、消火活動を実施。
1524  陸自UH-60JA(宇都宮)×1機が離陸。じ後、航空偵察等を実施。
1542  陸自OH-6(相馬原)×1機が離陸。じ後、航空偵察等を実施。
1605  陸自CH-47(相馬原)×1機が離陸。じ後、消火活動を実施。
1717  本日の活動を終了。
【6日】
0556  陸自OH-6(相馬原)×1機が離陸。じ後、航空偵察等を実施。
0601
~0613
 陸自CH-47(相馬原)×4機が離陸。じ後、消火活動を実施。
0807  陸自UH-60JA(宇都宮)×1機が離陸。じ後、航空偵察等を実施。
1201  陸自UH-60JA(宇都宮)×1機が離陸。じ後、航空偵察等を実施。
1616  陸自OH-6(相馬原)×1機が離陸。じ後、航空偵察等を実施。
1715  本日の活動を終了。

※明日も引き続き消火活動を実施。

ページの先頭へ戻る